読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toi.toi.toi.

好きなことを好きなだけ。

あいとかってやつ。

優しいですね。

あたたかい人ですね。

 

そういう言葉をたまに

(ごくたまに)

いただく時に

(恐縮至極です)

 

自分に今まで、愛情をかけてくれた人たちのことを

思います。

 

私がもし

目の前の人に優しい気持ちでいられたとするなら

それはたぶん

今まで私に

そういう気持ちを向けてくれていた人たちが

いたからだと 

感じます。

 

私は未熟なので

その時は直接気づかないこともあるけど

 

誰かから

 

優しいですね。

あたたかい人ですね。

 

と言われた時に

ようやく気づけます。

遅すぎてほんと残念。

 

 

私が優しいとしたなら

それは

私が今まで出会った人たちが

優しいからで

 

私があたたかいとしたら

それは

私が今まで出会った人たちが

あたたかかったからだと

 

思うんです。

 

 

 

“素敵”は、回すものだと

以前の記事で書きましたが

 

愛も優しさも

やっぱり、回るものなんだなぁと

思います。

 

向けてもらった優しさも

愛も

 

受けとれる自分でいたいなぁ。

 

それがどんなに

わかりにくくても

必ずあるはずだから

それを

感じられる自分でいたいなぁ。

 

そしたら

こうして回せる。

 

そしてなによりそうやって

回すことが

今まで向けてもらった

優しさや、愛への

返礼になるのではないかな、と

なんとなく感じます。

 

 

もう会えなくなってしまった人へも。

 

 

今日のところは

そう感じました。

 

 

以上です。

もう笑ってしまおう。

私は、笑うのが好きです。

あとで思い出し笑いしちゃうような

くだらないことで

笑うのが大好きです。

 

現実にはいろんな出来事が起こります。

たぶん

笑えない状況なんて、ざらに起こります。

ざらざら音が聞こえるほどの時もあります。

あるよねー。

もうマジで笑えないんだけど。って。

 

でも私は

笑うのが好きです。

そして好きなものを選びます。

 

なんか笑うのが無理なら

『むーりーむーりーむー!』って思って

その場からいったん遠ざかります。

無理のないスピードで

できるだけ迅速に。

 

現実逃避のセンスを駆使して

正々堂々と逃げます。

 

 

わざわざそこに

心を向け続けず

おもしろい話でもして

おもしろい漫画でも読んで

笑っちゃいます。

 f:id:nnnaooo:20170528235533j:image

 

ルナティック雑技団読みたい。

 

笑って元気に戻ってから

現実を見てみれば

その目の前の現実の中にも

笑えることって必ずあるんですよね。

 

選ぶって、そういうことなんだなって

最近またひとつ

覚えました。

 

どんな世界で生きるのか

自分をどんな世界に置くのかを

選んで

それを

見つづける。

 

 

どんな手を使っても。。。!

f:id:nnnaooo:20170528235604j:image

 

本当は

誰かや何かに

泣かされるんじゃない。

怒らされるんじゃない。

 

自分が

泣けるものを見て泣きつづけて

怒れるものを見て怒りつづけている。

 

優劣はないけれど

どれも素晴らしいことだけど

 

私はやっぱり

笑って笑って

笑いすぎて泣いてたり

 

『ふふっ…』って

ニヤついてる時が好きだし

 

そういうところに

自分を置いてあげたいと思います。

 

 

おかげで近頃

生徒さん含め

私の周りには

笑いのセンス抜群の人たちが集まっていて

選んだとおりの世界ですw

 

 

ホネホネロック。

数ヶ月前から体調不良が続いていまして

血液検査したり心電図取ったりしても

原因がわからず

鍼も打ってもらったり。

(鍼デビューでした。

私こわがりなので

汗だくすぎて恥でした。)

 

とりあえず身体もがちがちなので

整骨でも整体でも

どこ触られても痛いです。

『痛いですよね?大丈夫ですか?』と

聞かれても

なにをもって大丈夫じゃないと判断するのかがわからず

毎回『だいじょうぶです。。。ぐむぅ(←うめき声)』という返事しかしていません。

 

 

しまいには生徒さんに

『誰かから念が飛ばされてるんじゃないですか?!』とまで言われる始末です。

鍼の次はお祓いデビューでしょうか。

 

 

自分がこの状態になってから初めて

体調不良が続いてる人の気持ちが

身を以てわかりますね。

毎日の身体の痛みや苦しさに加えて

それに引きずられる気持ちを保つのも

これまたねぇ。

 

 

少しでも緩和されたり身体が軽かったりすると

嬉しくなりますが

その数時間後にはまた悪化したりもして

その繰り返しで

心が振り回されてしまう。

 

 

私は早々に


保つことを放棄しました。


もううんざりじゃい!!ってなります。


鍼デビューの翌朝なんて
身体中ぱっつんぱっつんになってしまって
鏡に向かって
『おいふざけんな』と呟きました。

 

 

 

でも

自分に優しくする時間と

人に優しい気持ちでいる時間も

増えましたし

 

 

私の周りの好きな人たち・素敵な人たちは

なんだかみんな、身体の不調が続いていて

うまく言えないのですが

“素敵な人たちと、おそろい”は

なんていうかちょっと

誇らしくなったり安心したりします。

心細くならずにすむ。

伝わりますかね。

変な奴ですかね。

 

いやいや

みんなで

元気になりたいです。

 

f:id:nnnaooo:20170525223644j:image

 

置き鍼してくれました。

効きそうー。

その向かい側へ。

なにか、事が起きたときに

 

そこに自分が関わっていたとしても

 

悲しい、悔しい

腹立たしい、やるせない

理解できない

とか

そんな思いがあったとしても

 

どうしたって、相手にだって

なにかしらの事情があって

思いを持っていて

それが、もしかしたら

なんか絡まってしまって

その相手本人にも

どうすることもできないのかもしれない、と

 

慮りたいです。

 

 

どんな相手でも関わっている以上

自分と大差ないから。

 

 

それに

そうやって想像して

慮ることでしか

その、起きた事自体が

優しい結末にはならないような

気がします。

 

 

徒党を組んで大義名分を主張して

誰かを批判して排除することで

全体の秩序を守ろうとする人と

それに真っ向から対立する人

 

まるで宗教戦争のよう。

 

なんていうか

その人たちの瞳の奥を、覗きたくなる気持ちがします。

 

大義名分の陰に隠れてるそれ。

あなたの中の本当に刺激された大元は

なに?って。

 

 

甘いのもしれないけど。

 

 

んー

ま、甘党だからいっか♡

ダークモカチップフラペチーノが

美味しい季節の到来です♡

一応、罪悪感という名のホイップクリームは

抜きですよ♡

 

 

多様性に救われることを

経験すると

自分には理解できないことへの

抵抗は減りますね。

 

みんなおのおの、ただ

未来へ向かって生きている。

それは同じ目標だと思う。

 

そんな流れの中で出会ったのなら

私には無い素敵なアイデア

隣を流れてる、理解しがたい生物が

持っているかもしれないじゃないですか。

 

私は、そんな世界を泳ぎたいなぁ。

私、浮き輪で行くからさ

バナナボートの上からひっぱって、みたいなね。

  

だってさぁーって言える幸せ

高校時代からの親友に

笑いながら説教されました。

彼女の会社の標語を教えてくれました。

 

【他責より、自責】。。。。

 

 

でもさぁー。。。

だあってさぁー。。。

ゔゔゔー。。。

 

クッション抱えてごろごろしました。

 

 

私が

『この歳まで自責けっこうやってきたよー?

たまにはさー他責にさせてくれよー!』

 

と言ったら

 

『あははーほんとだよねー 笑笑』と彼女。

 

それでもその後も

私が

 

でもさぁ

だってさぁ

 

って言うたびに

 

はい言い訳はじまったw

とか

はい他責ーw

とか 笑

 

私たち、他人事には容赦ないの 笑笑

 

『はい。そうですね。

ほんとその通りだと思います。』と

もう最終的に私は敬語でしたけども。

 

 

でーもさぁー

だあってさぁー

 

を言うのって

気持ちいい。

 

うー

しらんわもうー

もーやだー

楽したーい

やりたくなーい

 

って

ぶーぶー

言いたいよね。

 

自責はもう崩れない。
それはあたりまえだから。
やるのは、自分なの最終的に。
それはわかってて。


ただその前に

 

だってさぁー!でもさぁー!って

ぐだぐだを言って

頭と心を柔らかくできる。

そんな相手がいてくれて、よかった。

私は今日もたくさん笑った。

今日のレッスンはかわいこちゃんばかり。
年齢は10代20代30代40代と
F1F2層です。

 

女性の生徒さんに対して

あぁ〜かわいいなぁ〜って
よく思う。

一生懸命しゃべってる顔も
あんまりしゃべりたくなさそうな顔も

不機嫌そうな顔も

拗ねてる顔も

緊張してる顔も
ふとした時に出る笑顔も

『でぎなーい!!』って頭を抱えて
叫ぶ姿も 笑


みんなかわいくてねぇ。
私笑っちゃうんですよね。

 

んーまぁ

かわいいからいいじゃん 笑

って第一声がそれから始まるレッスンて

どうなん 笑

 

10代20代はもちろん

同年代から親世代まで

女性はみーんな

かわいいんですよね。

なにが、どこが、はそれぞれの個性ですが

全員かわいいのは間違いない。

 

ちょっと挙動不審な

若い女の子の生徒さんが

肩まであった髪をベリーショートにしてきたので

あら似合うねぇ!と言ったら

『え、え、え、いや、その、あの、いや、その、

最初に会った頃の先生(私)みたいな髪型がいいなと思ってそれにしたくて美容室行ったのに

担当の美容師さんがこんな、こんな、こんな、あわわわわ』

ですって。

 

今日イチのキュン死。

瞳の奥に宇宙が見える。

友人のお母さまと

話し込んで盛り上がった日。

 

80歳を過ぎていらして尚

たくさんのアートを飾った

(私はどれもこれも

見とれて、手にとってしまいます)

素敵なカフェの設計も手がけられ

 

本当に、女学生のように

うふふふって笑って

きらきらした瞳で

私が普段、見たい世界や

見続けようとしている世界を

実際に見続けてきた大先輩。

 

お話が聞けて

私は本当に嬉しくて

 

あぁ

こんな素敵な人に

会える自分になれたんだ。

よかったなぁ。

ありがたいなぁ。

胸がいっぱいになりました。

 

とても豊かな時間でした。

 

瞳の中に

ほんとに星って見えるんだな、って

思いました。

 

“どうしたら

その世界を見続けられるのでしょうか?”

と、たずねたら

 

“ピアノといっしょ。練習あるのみよ!”

ですって。

 

練習あるのみ。

そうですよね。

 

目の前に現れ続ける日々に

振り回されない、練習。

淡々と

ひたむきに

ゆるゆると

学んで

楽しむこと。

 

 

そんな幸せな時間を過ごした翌日のレッスンでは

 

『先生、なんだかまた

雰囲気変わりましたね?』と

 

これまた大先輩である生徒さんからの

さすがの、ご指摘 笑

 

敵わない先輩ばかりで

幸せものです私は 笑笑