toi.toi.toi.

大切なことを、大切に。

素敵は常に補充しておきたいもの。

文字でも映像でも

 

画面でなんでも済む世の中で

 

スカイプミーティングで事足りる』

なんて便利な世の中で

 

 

人と会う、というのは

それだけ

 

相対した時の

眼差しや間合い

色も音も味も温度もある空気 

そういうものに

さわりたいからです。

 

実際あとあとまで思い出すほど

自分の身体が記憶するのはそういうものだし

目先の損得は頭ではわからなくても

身体が覚えてくれる気がします。

 

(私は私の脳をほんとに信用していない。

ごめんね脳。

がんばってくれてるのは知ってる。

それだけでじゅうぶん。)

 

たくさんの人に会って向かい合うことが好きなのは

気持ちがいいからです。

ひらいて、だして、うけとって、だす。

なにを?なにかを。

ああ気持ちいい。

 

ひらいて、だして、うけとって、だすをしていると

ずっきーん!と来ることもあるけれど

繰り返してると、たいしたことがなくなってくる。いわゆる、慣れる。

もしくは拡がる。

 

会いにきてくれる人には

なにかしらの

“素敵”を持って帰ってもらいたいなぁ。

ねがわくば。

 

感じた“素敵”は

その人の血肉になって

さらに“素敵”を放つよね。

素敵な人を見ると

この人はたくさんの“きゃーステキ!”を見て感じてきたんだろうなぁと思う。

 

そしてそういう人は周囲の人に知らず知らず振りまいて

素敵を拡散していく。

 

私は“素敵”の身体感覚が好きなので

人の素敵な部分をよく見る。

私の血肉にすべく

取り込んでいるのだと思う。

 

拗ねて取り込まないのはもったいないので

嫉妬しても取り込む。

ていうか、嫉妬することほど

むしろ凝視する。

それほどに欲しい“素敵”なのだから。

 

回せるといいなぁ。素敵を。

回せるだけの素敵を集めよう。

 

最高に幸せを感じるときは。

朝焼けを見る

夕焼けを見る

雲を見る

月を見る

逆立ちをする

朝ごはんにパンを食べる

家の中で猫たちとすれ違う

母が笑う

 

ともに時を過ごす人と

くだらない話でゲラゲラ笑って

 

本当の心で話をしたり

なんかうまく話せなかったり

 

スマホには好きな音楽が入っていて

身につけているものはお気に入りで

 

歌の練習はなかなかうまくいかなくて

なかなか仕上がらなくて

また明日もやろうと思ったり

 

もう会えなくなった人を思い出したり

これから出会う出来事に思いを馳せたり

 

これまで私に起きた出来事や出会った人

好きだった人も嫌いだった人も

好いてくれた人も嫌われちゃった人も

 

良かったことも悪かったことも

うまくいったことも

後悔まみれのことも

 

どれもこれもみんな大切で

感謝しかわいてこない夜。

 

 

ビジョンシートには書けなかった

私が最高に幸せを感じる時を

 

書いてみました☺︎

ちゃんちゃん☺︎

 

 

ボーナスステージ。

小学生の頃からの習いごとは

お習字、新体操、公文、水泳、ピアノ、、、だったかな?

あ!あとスキーもだ。

やらせてもらっていて

 

それは全て、母親が決めてきたものばかりだったのですが

 

初めて

『歌を習いたい』と、母にお願いしたのが

中学一年の時でした。

 

ヤマハ音楽教室のパンフレットを自分でもらってきて

ピアノの代わりに歌をやりたい、と

勇気を出してお願いしたのです。

 

我が家はね、音楽聴く人いない家だったんです。本を読む家族でした。

 

とりあえず、歌を習うことの許可は得ましたが

特に母は

「歌なんて歌ってどうするの?

なにになるの?」というスタンス。

 

それは私が専門学校へ進んでも

CDデビューしても

 

母として、娘の応援はしてくれていましたが

「歌ねぇ。。。お母さん、わかんないわぁ」は

相変わらずでした。

 

歌いたいと思う気持ちを

どうしてなのか、なんて説明できなくて。

ただただ胸を焼き焦がすような、あの感覚を

伝えることはできなくて。

 

反対されたわけではなかったけれど

なんとなく寂しい気持ちでした。

そしてその寂しい気持ちは

あたりまえになっていって

寂しい気持ちなんて

なかったかのように忘れてしまって

普通のことになりました。

 

私の歌のことは、誰も触れない。

話題に上らない。

それが普通。

 

 

 

それが

つい先日。

 

 

洗面台の鏡ごしに

母と、なにげなく

姪っ子めいちゃん(3歳)の話をしていて

 

私が

 

「めいは、なにか習いごとするのかなぁ。

バレエとかピアノとか

女の子らしいの好きそうだよね」

 

 

と、言ったら

 

 

母は

笑顔で

 

「歌もいいじゃない」と言ったのです。

 

持ったまま固まった右手のドライヤーの温風が

私の髪を吹き上げました。

 

 

あれほど

歌なんて歌ってどうするのか

歌って、なにになるのか

 

と言っていた母が

 

私を見ながら楽しそうに笑って

「歌もいいじゃない」って 

 

言ったのです。

 

私はドライヤーの向きを変えながら

すぐに「そうだねぇ。」と応えましたが

 

心の中では

リフレインが叫んでました。

 

 

 

『歌もいいじゃない』

 

 

 

なんかね、なんていうかね

 

本当に本当に、嬉しかった。

 

言葉にできないほど

嬉しかったのです。

こんな日が来るなんて想像もしていなかった。

普通になっていた寂しさは

その瞬間に

くっきりと浮かび上がって

次の瞬間に

はらはら流れていきました。

 

きっと母はずっと

歌の話をしたかったかもしれない、と

本当は思います。

ほんのちょっとした寂しさや恥ずかしさを

意地で囲って蓋をしたのは

幼い私だったかもしれません。

 

でもまぁ

若き日の母も

意地っ張りで、聞き下手でしたしね。

おあいこです。

 

 

近頃の母との暮らしは

まるでボーナスステージのようです。

 

足りなくて良かったこと。

上手くなくて良かったこと、に似てますが

 

思春期に

『誰もわかってくれない』って

思うことってあるじゃないですか。

 

私はあったんですね。

転校回数が多かったりして、なんかそんなタイミングでそう感じやすかった。

ナウシカの持つ孤独感に憧れたり。)

 

そのぶん

 

自分のことをわかりたくなるし

誰か、わかってくれる人を求める気持ちが

強くなるし

 

わかってあげたい気持ちも強くなる。

 

そうしてわかりあえた時の喜びや

感謝は

やっぱり大きいんですよね。

反動で。

 

身体全部、細胞全部が喜ぶような、そんな感じで。

極端ですけど。

 

 

 極端ですけど、そんなことを繰り返すうち

気づいたんです。

 

 

わかってくれない、という悲しみは

わかってもらえた・わかりあえた時の

喜びを体験するためでしかないのではないか

と。

 

そのありがたみを忘れてしまうことも

また思い出した時の喜びのために、ある。

 

てことは

足りないことも忘れちゃうことも

喜びに繋がってる。

 

時系列なんて、あってないようなもので

ほんとはそっち(喜び)ありきの

スタート(悲しみ)なんじゃないかな、と。

 

まぁ、そう思えてしまうほど

感動するのです。

 

だからといって

その時感じている悲しみが減るわけではないけど

なかなか悪いものではないな、と

思うのです。

 

悲しみや苦しみのさなかにいる時は

ほんのチラリと

 

あの感動のフラグが立ったな。

 

と、うっすら思ってしまう自分がいます。

 

 

 

 

 

 

これぞ究極のドMという。

 

だいじょうぶ。

年若ーい、女の子たちに

 

『だいじょうぶだよ。』と言う。

 

 

いろんなことが、必ず助けてくれるから

うまくできてるから。

 

 

『ぜーったいだいじょうぶ。』

 

 あははーほんとだよー

 

と言う。

 

 言ってる私が安心してるから

 

女の子たちも、ほっとして笑います。

 

かわいいかわいい。

だいじょぶだいじょぶ♡

時限装置がそこかしこに。

誕生日のお祝いを

いろんな方向からいただきました。

ありがとうございます。

 

たぶん

人って根本的に

おめでたい部分があって

その部分が、性格としてどの程度現れてるかは、それぞれなのだろうと思うのですが

 

ここ最近の私は

その、おめでたい部分が

多めに出ています。

 

おめでたい人になりたかったので

知らない間にまたひとつ

夢が叶ったようです 笑。

 

(これは余談ですが

夢ってほんとに知らない間に叶いますね)

 

さて

おめでたい部分が多めに出ると

過去はどんどん変わります。

 

意地悪に聞こえたあの言葉の表面の

なにかが、ぱらぱらと剥がれて

剥がれた後に残るのは

優しさや、可愛さだったりします。

 

ぱらぱらと剥がれたのは

当時の私の“推測”ですね。

 

剥がれるまでは“推測”とは気づかないんですね。

それは言葉と一体化してるから。

 

そして、その“推測”のまわりにも

いろいろくっついてるものだから。

 

最初からシンプルに捉えたい、ですが

こうやって一旦くっついたものが

剥がれて気づくという遠回りも

感動的です。

 

自分の人生の伏線が回収されていくさまは

年を重ねていくからこその

面白さですね。

 

きっと、

まだ回収できていない時限装置のような伏線もあって

それはいつ、どこへ繋がるのか。

そしてまた新たな伏線が

日々張り巡らされていることに

 

寒空の下でワクワクしています。

寄り添わない。ただ見てる。

過剰な寄り添いは

 

あまりしません。

 

突っぱねることもないけれど。

 

 

 

ただ相手から出てきたものをそのままにするだけ。