toi.toi.toi.

大切なことを、大切に。

シンケイスイジャククイーンの称号。

『なおちょってさぁ、テンサイなんでしょ?』

 

ラブフォーエバー&エバー甥っ子そうた5歳が

先日私にそう言いました。

 

テンサイ=天才。

 

『すごいよねぇ!

だってさぁ シンケイスイジャクさぁ 強いもんね!そうたも強いけど!←』

 

 

私は親戚で集まった時に行われる

トランプゲームのシンケイスイジャクが

えげつないほど強いのです。

桁違いに強いのです。

これは比喩ではなく

実際に、毎回、桁を違えて枚数を獲得します。

 

 

甥っ子そうたに

『なおちょさぁ、なんでそんなに取れるの??』と聞かれました。

 

f:id:nnnaooo:20160908030037j:image

 ※おちゃらけが止まらない5歳児。

 

 

 

なんでかなぁ。

 

 

みんなで楽しくスムーズに

このゲームが終わるといいなって思いながら

なんとなくやってるのです。

他の人が取れた時も嬉しい。

自分が取った時も嬉しい。

 

なぜか、私の中で

シンケイスイジャクは

チームゲームだと思っていて

みんなで全部めくればゴールというルールです。

たくさん取った人の勝ちとか、そういう個人戦ではない感覚です。

だから自分がたくさん取れると確かに嬉しいけど

取れなくても悔しくない。

その分他の誰かが取れたら嬉しい。

みんなで達成していくのが楽しい。

いえーい!です。

 

 

そんなふうにやってて

結果、毎回私の圧勝なのです。

 

 

勝負していない。

勝つことをまったく狙わない。

だから負けも存在しない。

これもしかして

陰陽の法則を逆手にとってるかもしれませんね。陰陽の法則自体をあまり正確に知らないのですけどね←

 私の世界では

『私が枚数を多く取って終了』以上。です。

勝った感あんまりない。

 

それにプラスして

 誰かがカードを取った時も

自分が取ったような感覚で喜ぶので

現実的な結果として、私の手元の枚数が多いのも頷けますね。

共振の法則発動。←これもよくわかってないから使い方間違ってるかも! 

 

 

おもしろーーい。

 

 

というわけで、シンケイスイジャクのコツは

わかりやすくいえば

 

 

『お気楽に。楽しく。全員で達成しよう!

みんな!大好きだよ!!』

 

 

です。

 

 

全員がこの気持ちでやったら

どんな結果になるのかしら。

今度やってみてもらおう。

興味津々。

 

f:id:nnnaooo:20160908031330j:image

 

いろいろ実験の日々です。