読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

toi.toi.toi.

好きなことを好きなだけ。

ふいに、遠い記憶にたどりつく。

f:id:nnnaooo:20161025000228p:image

 

この写真をネットで見たときの衝撃。

 

正面に、ボートを漕ぐ熊と

ギーッ、ギーッ っていう音と

風の音だけがしていて

しんとしていて

月の真ん前を通り過ぎる。

 

不思議すぎる光景なのに

たしかに憶えているのです。

 

 

どどどど

どういうことだ。

 

。。。おもしろすぎる。

 

 

と、思いながら

時々脳内で熊との思い出に浸っていたら

こんな写真集まで見つけてしまった。

 

 f:id:nnnaooo:20161025001229j:image

 

静かに、でも

めちゃくちゃに

びっくりした。

心臓が

不規則に鳴った。

そして 

どうしてだか

嗚咽するほど

涙が出るのです!!!!!

 

悲しくもなく嬉しくもなく

なんかよくわからないのに

この写真を見つめると

涙が。だーーー。

もうわけわかんない、と

当然だ、が

脳内を駆け巡る。

 

 

そんな覚えはないけれど

なにかの映画の記憶なのか

なにかの本の印象なのか

 

 

そう考えることもできるけど

 

 

ここはせっかくだから

 

 

この懐かしさは

いつかの記憶。

 

思い出の品は

そこかしこに仕掛けられていて

私はいちいち驚いて

ファンタジーをおもしろがって

実は少しさみしく

時折

いつかの記憶にダイブする。