toi.toi.toi.

大切なことを、大切に。

妄想のお作法。

私は昔から妄想人間です。

 

 

メジャーデビューも

結婚も

妄想で

叶えたと思います。

(叶えてから手放しちゃうという

真性の変態でした。)

 

 

それはみんなそうですよね。

 

 

でね

 

 

子供のころに比べて

大人になってから妄想力鈍るなーと感じていて。

すごく不思議で。

 

なんでなんだろ?

あの素晴らしく恍惚とした趣味を復活させたい。。。

と思っていたのですが

 

 

 

ふと、理由がわかりました。

私なりの。

 

 

 

 

あのね、現状に大きな不満を持ってると

妄想力が鈍ります。

なぜなら

妄想すればするほど

現状の自分を、みじめに感じるからです。

脳というのはそれを

なんとしても回避します。

あの手この手で回避するんです。

 

 

この、みじめさを感じたくなくて回避する感じというのは

たとえて言うなら
毎月の借金の返済額とか残額とかを
ちゃんと見ないのと同じ感じでしょうか。

あるいは

環境や誰かのせいにする感じでしょうか。

 

現状を、見ない。見られない。

自分が選択してきた人生を、見ない。見られない。

 

(ちなみに、ここを見ないようにすることは

自分に優しくないですね。

なかったことにされてるし。)

 

 

というわけで

妄想の趣味を楽しむにあたって

現状の自分を否定したままだと

未来の妄想を全力で楽しめません。

 

 

なので解決策としては

 

 

①現状をまるっとさくっと

『はい今この現状が私の全力です。』

認めてしまう。

(事実ですし)

 

②みじめさが致命傷にならない程度に

『まぁでも、ここはイケてるんじゃない?』の部分を現状に見つけて増やしていく。

(致命傷っていっても

そもそも死に至る痛みではないんですけどね笑笑)

 

 

 ①でも②でも

いろいろ端折りますが

言い訳したり

『でもこっちの方が結果、良かったし?』

『あっちでうまくいっても全然嬉しくないし?』のような

すっぱい葡萄のキツネにならないように。

(これも脳の回避能力のひとつですよね。。。あぁ。。。)

 

 

 

そこがクリアになればなるほど

そのあとは

いろんな妄想を、いきいきと

本当に楽しい趣味として

日常に取り入れられることでしょう。

 

 

 

またまた端折りますが

“感謝しましょう”とかいう先人の教えは

こういうことか、と感じました。

①でも②でも、やってると

自然に、感謝は湧いてきます。

 

でも“感謝しましょう”じゃ

わかりにくかったよー。

まぁ、ほんとはわかる必要すら

なかった気がします 笑笑

 

 

 

趣味悠々

ご興味のある方は是非✨

 

 

 

以上です。